このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > 日常のこと > 夏は細菌による食中毒に注意!

夏は細菌による食中毒に注意!

2019年06月27日
こんにちはー!

この頃は蒸し暑くなる日が多くなってきましたね。

おかげで、食べ物もすぐに傷むようになってきました・・・(@_@)



夏くらいの気温になると、食べ物に付着している細菌繁殖しやすくなります。

大体の細菌はに弱いので、お肉や魚などに付着した細菌は、75℃以上で1分間以上加熱すると死滅します。

お肉や魚を調理する時には、しっかりと熱を通しておきましょう〜。

冷蔵庫に野菜作り置きしている料理などを保管する際には、食品包装用ラップはもちろん、食品保存袋なども活躍してくれそうです(´▽`)

●サランラップ 【1本 (30p×50m)】(旭化成ホームプロダクツ)

・酸素や水分を通しにくいので食品の新鮮さを保ちます。

・電子レンジ加熱から冷凍保存まで幅広く使えます。

●リード冷凍も冷蔵も新鮮保存バッグ M 【20枚】(ライオン)

・冷凍にも冷蔵にも使える、作り置きにも便利なジッパー付き食品保存バッグです。

・厚手で丈夫な抗菌加工フィルムを採用しています。

 
 
また、調理する際に使用するまな板は、食中毒の元となる細菌が多く付着しがちです。

野菜用のまな板、お肉用のまな板・・・といった感じで、食品ごとにまな板を使い分けておくと、お肉などに付着していた細菌が野菜等に付きにくくなるんです(*^^*)。

包丁も同様に使い分けておくといいでしょう〜(^^)/



また、まな板は定期的に殺菌しておけば、家庭での料理で食中毒になる可能性をぐっと減らす事が出来ます。

 
【塩素系漂白剤を使用した殺菌方法】

(1)まな板全体に漂白剤を振りかけ、たわしで漂白剤を広げます。

(2)漂白剤が十分行き渡ったら、まな板をラップで包みます。

(3)1時間程待ち、その後ラップを外し流水で洗います。

(4)水気をふき取って、よく乾燥させると洗浄完了です。
 
 
この方法で消毒する際には、花王の【キッチン泡ハイター】などを使うと、楽なのでオススメです。

●キッチン泡ハイター ハンディスプレー 【400mL】(花王)

・次亜塩素酸塩配合で強力除菌、手軽に使えるスプレータイプの台所用漂白剤です。

・まな板・排水溝・シンクまわりなどに使用できます。

 
また、漂白剤を扱う際は肌荒れを防ぐためにも、ゴム手袋を着用しておきましょう〜。

●マリーゴールド フィットネス M 【1双入】(オカモト)

・疲れにくい自然な指先デザインのゴム手袋。水切れが良く、すべりにくいノンスリップ加工です。



 
 
これからの時期、食べるものには十分に気を付けたいですね(´∀`;)

今日はここまで!
最後まで読んでいただきありがとうございました!
このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール
1935年創業の全国チェーン”ドラッグストア”のブログです。
本社は大阪なので、投稿で大阪弁が出ることがあります(笑)
くすり・化粧品・日用品・食品などに限らず、色々な投稿をしていきます〜。
業者さんに頼らずにスタッフが日々投稿しますので、カッコイイのは出来ませんが、熱意をもって投稿します(^^♪

各SNSでも配信していますので、フォロワー登録お願いします〜〜♪
<< 2019年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事