併設薬剤師

併設薬剤師の業務内容

処方せん調剤・OTC医薬品業務

調剤併設店舗の中で、調剤業務とドラッグストア業務を並行して行っています。調剤では処方せんのお預かりから処方入力、ピッキング、監査、服薬援助が中心です。ドラッグストアの方では、レジ業務、医薬品の発注、品出し、集客台の作成・商品棚のメンテナンスを行いながら、お客さまの薬や病気の相談に乗っています。

併設薬剤師の1日

10:00商品の納品・売り場メンテナンス

午前中に入荷した商品を店頭、店内に並べていきます。それと同時に、期限チェックをしながら商品の前出しを行い、お客さまが見やすく取りやすい売り場を作っています。

12:00受付・調剤

午後からはお客さまが持参された処方せんを元に調剤作業。薬の用量や飲み合わせなどの内容は、しっかり監査した後、服薬援助を行います。

14:00お昼休憩

ランチは、店の休憩室で食べることや、近くのコンビニで購入したり飲食店で食べることもあります。社員やパートさんと一緒に食べる時は、プライベートの話なども交えて楽しく食事しています。

16:00レジ点検・精算

レジのお金や入力に間違いがないか定期的に点検します。そして、一日の売り上げをチェックし、精算を行います。これも店舗運営にとって重要な仕事です。

17:00調剤・薬品在庫管理

調剤室に戻り、自分の店で出なくなった薬を他の店舗に送ったり、逆にもらったりします。こうして不要在庫を少しでも減らすよう努力しています。

18:00商品の発注・在庫補充・カウンセリング

自分が担当する商品棚の発注と在庫補充やメンテナンスを同時に行います。また、どの時間帯も薬に対する質問や相談があれば、すぐに駆けつけます。

併設薬剤師のキャリアステップ

併設薬剤師のキャリアステップ
コクミンの採用コンテンツ