調剤薬剤師

調剤薬剤師の業務内容

処方せん調剤業務

「かかりつけ薬局」として地域医療の中での役割を果たすべく、お客さまの体調・生活習慣・服薬歴等を充分に考慮してお薬をお渡しするのが主な業務です。また、薬についてあらゆる面でサポートが行えるように、「薬剤師教育」を充実させ、専門知識を身につけた薬剤師による質の高いカウンセリングの提供を目指しています。

在宅業務

通院が困難なお客さま(患者さま・入居者さま)に対し、質の高い在宅療養を提供するために在宅医療チームの一員として自宅や施設に訪問し、薬の正しい飲み方の説明、服薬状況の確認、副作用のチェックなどの疑問に答えながら、薬物療法が適正に実施されているかどうかを確かめる業務です。 具体的には、お客さま(患者さま・入居者さま)の生活環境、薬剤の服薬状況、残薬の有無及び薬の飲み合わせなどを把握し、それをもとに看護師・ケアマネジャー・ヘルパーなどの他職種に情報提供を行い、服薬しやすい状態(服薬カレンダーの利用・一包化等)で調剤薬を配達することで、正確に安全に服薬できるように薬剤師が援助いたします。

処方せん調剤業務の1日

08:00開店準備

待合室や調剤室の清掃などをしてお客さまを迎える準備をします。また、昨日からの引き継ぎ事項などがないかも確認します。

08:30受付・調剤

受付は笑顔で丁寧さを、調剤はスピードと正確さを、服薬援助はお客さま一人一人に合わせた対応を行うよう心がけています。

12:00お昼休憩

お弁当を食べながら午後からの業務にむけて体力を回復をして、改めて気を引き締めます。

13:00調剤・薬歴の記入

引き続き調剤・服薬援助を行います。午後からは空いた時間を見つけて薬歴を書いていきます。

15:30予製作り・薬歴の記入

予製などがあれば予製を作ります。予製を作っている合間にも薬歴の記入を行います。

17:00閉店準備

ゴミ出しや医薬品の発注などを行い、明日への引き継ぎ事項があればスムーズに引き継ぎができるようまとめておきます。

調剤薬剤師のキャリアステップ

調剤薬剤師のキャリアステップ
コクミンの採用コンテンツ