このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > 日常のこと > バリウム検査について/バリウムや発泡剤を飲む理由やバリウムが不味い理由などを調べてみました。

バリウム検査について/バリウムや発泡剤を飲む理由やバリウムが不味い理由などを調べてみました。

2019年05月09日
こんにちはー!
 
突然ですが、皆さんは健康診断は毎年受けていますか?
身体の健康のためにも1年に一度以上は受けておくべき、と言われていますよね。

ただそんな健康診断の中でも、特に『バリウム検査』が苦手という方は多いようです。
 
あの独特なドロドロとした感じや、飲んだ後に回転する事、ゲップをしたらもう一度飲まなければならない事などで苦手とされている方が多いようですね〜((+_+))
 

 
そこで今回のブログですが、そんなバリウム検査について少し調べてみました。
 
バリウムを飲む意味や、バリウムが不味い理由なども調べてみたので、少し確認してみてください〜。
 
 
●バリウム検査について
 
このバリウム検査の正式名称は『上部消化管造影検査』といいまして、食道十二指腸といった消化管の状態を確認する検査です。
 
この検査を受ける事によって・・・
 
・食道がん
・食道炎
・食道静脈瘤
・胃潰瘍
・胃がん
・胃炎
・胃ポリープ
・十二指腸潰瘍
 
といった消化管の疾患の早期発見に繋がります。
 
 
●バリウムを飲む理由

バリウム検査ではX線撮影によって胃の状態を撮影しますが、何も飲まないまま撮影すると胃を透過して撮影してしまいます。

検査に使用するバリウムはX線を透過しないので、これを飲むことにより消化管の状態を映しだす事が出来るんです。

またバリウムは消化器官に吸収されず、全て便として排出出来るので検査に使用されているんだそうですよ。
 
 
●発泡剤を飲む理由・ゲップをしてはいけない理由

バリウムと一緒に飲む発泡剤は、胃の中を空気で膨らませるために飲みます。

X線撮影をする際に胃が膨らんでいると、精密に撮影がしやすくなるそうです。
そのためバリウムと一緒に発泡剤を飲むようですね。

バリウム検査中にゲップをしてはいけない理由は、胃が膨らんだ状態を維持するためなんですね。
 

 
 
●豆知識@:何故バリウムは不味いのか

とにかく不味いと評判のバリウムですが、不味い事にもちゃんと訳があるようです。

例えば美味しい物を食べると、胃が活発に動くようになります。

しかしバリウム検査中に胃の動きが活発になってしまうと、胃の中の空気膨張しやすくなり、更にゲップが我慢し辛くなるんです。

更に胃酸が多く分泌されるようになり、胃酸によって飲んだバリウムが胃粘膜から流されてしまう恐れもあるんだそうです。

それらを防ぐために、あえて不味く作られているそうですね〜(*_*)
 
 
●豆知識A:バリウム検査中なるべくゲップを防ぐ方法

・バリウムはなるべく素早く飲む

・発泡剤はのどの奥に乗せ、素早く飲み込む

・可能な場合、バリウムをストローで飲む

・検査中は顎を引く

・口はなるべく開かずに鼻呼吸を意識する

・ゲップが出そうになった時にはツバを飲み込む
 

 
 
●検査中に回転する理由

バリウム検査中に身体を回転させられる理由は、胃壁にバリウムを付着させることと、色んな角度で胃を撮影するためです。

バリウムを胃壁に塗りつける事で胃の形がはっきりと見やすくなり、病気の可能性などに気づきやすくなります。
 
 
●検査後に下剤を飲む理由
 
バリウムは早めに対外に排出しないと腸の中で固まってしまう恐れがあるんです。
 
固まってしまうと排出が困難になり、さらには稀にですが腸閉塞になる恐れなども出てくるようです。
 
そのため出来るだけ早く排出出来るよう、下剤を飲むようです。
 
 
●バリウム検査後に飲まないほうが良いもの

・利尿作用の高い飲み物(アルコール等)

腸内に水分が足りないと、体内から中々バリウムが排出されず固まりやすくなります。

お酒等を飲むとトイレが近くなり、腸内の水分が減ってしまいますので、全てバリウムを出し切るまではアルコール類は飲まない方がいいようですね。
 

 
 
苦手な方も多いバリウム検査ですが、消化管の病気の早期発見が出来る可能性のある大切な検査です。

1年に一度は受けて、自分の体内の健康状態を毎年確認しておきましょう〜(^O^)/

今日はここまで!

最後まで読んでいただきありがとうございました!
このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール
1935年創業の全国チェーン”ドラッグストア”のブログです。
本社は大阪なので、投稿で大阪弁が出ることがあります(笑)
くすり・化粧品・日用品・食品などに限らず、色々な投稿をしていきます〜。
業者さんに頼らずにスタッフが日々投稿しますので、カッコイイのは出来ませんが、熱意をもって投稿します(^^♪

各SNSでも配信していますので、フォロワー登録お願いします〜〜♪
<< 2019年 05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事