このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > 販促(イベント)のこと > 2019年いまどき新成人って?〜成人式の由来・法改正18歳成人〜

2019年いまどき新成人って?〜成人式の由来・法改正18歳成人〜

2019年01月07日
こんにちは

もうすぐ、「成人の日」ですね。



2019年の「成人の日」は1月14日(月)です。

 
「成人の日」は、毎年1月の第2月曜日と決まっています。

*現在ではハッピーマンデー制度により、1月の第2月曜日が「成人の日」となっていますが、
1999年までは1月15日が「成人の日」となっていました。

  
2019年(平成31年)の『成人式』に出席するのは、

1998年4月2日〜1999年4月1日生まれの人が対象です。

 
学年ごとに『成人式』をすることになっていますので、早生まれで20歳を迎えていない方も、参加対象となっています。

「成人の日」を迎えても、お酒やタバコは20歳になってからです(^^)/

  
 
『成人式』は必ずしも「成人の日」に行われるわけではないようですね。

 
一般的には「成人の日」に『成人式』を行う所が多いようですが、

 
地方によっては、前日の日曜日に『成人式』を行ったり、

ゴールデンウィークや、

豪雪地帯では、お盆休み、

人数が多い場合は、2部形式で、行う所もあるようです。

 
成人式がいつ行われるのかは、自治体によってそれぞれ異なりますので、

日にちや時間、場所などを把握して、しっかりと『成人式』に備えてくださいね♪

 


 
『成人式』の由来は、

現在の「成人の日」に成人をお祝いするという起源はかなり古くて、奈良時代以降の元服(げんぷく)・裳着(もぎ)が始まりとされています。

 
○「元服」は、男子が成人したことを示す儀式
 
16歳の時、子どもの髪型から大人の髪型(マゲ)にする儀式が行われていました。

 
 
○「裳着」は女子が成人したことを示す儀式

12歳前後の時、衣服を大人の衣服に変える儀式が行われていました。

 

 
現在のような『成人式』へと変わったのは、第二次世界大戦直後の1946年とされています。

 
戦後の日本は悲しみや苦しみで、気持ちも沈みがちな中、次世代を担う若者達を励ます「青年祭」が行われ、それが『成人式』となったようです。

 
 
日本で初めて『成人式』が行われたのは埼玉県蕨市(わらびし)です。

 
 
若者を元気付けるために行われた『成人式』は各地に広まり、

  
国が1948年に「国民の祝日に関する法律」により、「成人の日」を施行したことで現在の「成人の日」が祝日になったようです。

  

 
外国の『成人式』は?

アメリカやイギリス、オーストラリアなどでは『成人式』は無いそうです。

 
 
『成人式』というかわからないですが、成人の儀式を行う国があります。

 
マサイ族は、
ライオンを狩ることで成人として認められます。

 
パプアニューギニアは、
素手でサメを捕獲することで成人として認められるそうです。



 
ライオンとサメってかなり危険で過激ですよね。

  

 
2019年の「いまどき新成人」って?

 
●2019年に「新成人」が生まれた年の主な出来事●

・日本の郵便番号が3桁・5桁から3桁+4桁の合計7桁に変更

・長野オリンピック開催

・高校野球の決勝で横浜高校の松坂大輔投手がノーヒットノーランを達成し優勝

・和歌山毒物カレー事件が発生

・iモードサービス開始

 
詳しくご紹介しているページは

1998年 >>>こちら

1999年 >>>こちら

 
 
●思春期に3.11を体験したデジタルネイティブ世代●

新成人が中学生だった、
2011年に「東日本大震災」が発生し、家族を含めて人との「絆」が見直される。

 
幼少期から中学・高校と
インターネットやSNSが、生活の中に介在する環境で生活するデジタルネイティブ世代。

 
2012年12月以降の第二次安部内閣によるアベノミクス等による、景気の回復トレンドの中で青春時代を過ごす。

 
●出世よりプライベートを充実させたい!●

「人と競争することは苦手」という人は、 68.6%

「出世よりプライベートの充実を優先」という人は、 80.8%


 
出世競争に精を出すというよりも、ワークライフバランスを大切にしたいという若者が増えているようですね。

  
 
●家庭を持ちたい願望が上昇中●

昨年度の新成人に、結婚に対する意識について調査を実施

「将来結婚したいと思いますか?」という質問に

 
結婚願望のある新成人は、 83.8%

 
2002年以降で最も高い数値に!

家庭を持って、落ち着きたい若者が増えているようですね。

 
●2019年に『新成人』を迎える芸能人は、キセキの世代●

☆広瀬すずさん☆

お姉さんの広瀬アリスさんも女優として活躍しており、美人姉妹としても注目👀
成人を迎える2019年春からは、NHK連続テレビ小説「夏空 -なつぞら-」のヒロインが決定

 
★中川大志さん★

2011年には当時大ヒットとなった「家政婦のミタ」で長男役を務め、
2018年には「坂道のアポロン」と「虹色デイズ」の映画公開

 
☆橋本環奈さん☆

アイドルの枠を超え、女優として「暗殺教室」や「セーラー服と機関銃−卒業−」など様々な作品に出演
「銀魂」の神楽役でも話題に。
映画のなかでは、≪1000年に一人の美少女≫と言われるキュートな姿とは裏腹に、変顔で鼻をほじるなど体当りの演技。


☆齋藤飛鳥さん☆

乃木坂46のメンバー
雑誌「sweet」のレギュラーモデルを務め、ファッションモデルとしても活躍
2018年秋に公開の映画「あの頃、君を追いかけた」では、ヒロイン役を演じる

 
☆平祐奈さん☆

お姉さんはバラエティで活躍していた平愛梨さん
女優として活躍する一方で大学生で、勉強も頑張る一面も
2018年公開の「honey」では、ヒロイン役をを演じる

 

 
同世代の人がテレビや映画で頑張っている姿はとても励みになりますね。

 
 
○2022年からは18歳で成人○

<法改正のポイント>

 
・成人年齢を20歳から18歳に引き下げ

・女性の婚姻年齢は16歳から18歳に引き上げ

・飲酒・喫煙、競馬などができる年齢は20歳を維持

・施行は2022年4月1日

 
改正法が施行されれば18、19歳が成人となり、保護者の同意がなくても契約を結んだり、クレジットカードを作れたりできるようになるそうです。

 
別の法律で定められた年齢の規定も一部見直す予定で、有効期間が10年のパスポート(旅券)取得や性別変更の申し立てなどは、18歳からできるようになるそうです。

 
 
施行に向けた課題は多いようですね。

 
成人年齢引き下げで新成人が18歳になる年が大学受験などに重なるため、「成人式」の開催時期も気になりますね。

 
日本経済新聞が詳しく紹介している記事は

>>> こちら

 



ちなみに、「成人式」は強制参加ではないので行かなくても大丈夫ですが、

 
「成人式」の一番の楽しみは、やっぱり久しぶりに地元の友達と会って、思い出話や近況報告に花を咲かせることだと思います。

 
中には、結婚していたり、パパママになっていたり、すごくきれいになっていたり。。。

 

 
「成人式」は、一生に一度のことですから、参加する、参加しないは、後悔のないように決めて下さいね。

成人式に参加する人も参加しない人も、素敵な『成人の日』をお迎え下さい♪

 




 
今日はここまで!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール
1935年創業の全国チェーン”ドラッグストア”のブログです。
本社は大阪なので、投稿で大阪弁が出ることがあります(笑)
くすり・化粧品・日用品・食品などに限らず、色々な投稿をしていきます〜。
業者さんに頼らずにスタッフが日々投稿しますので、カッコイイのは出来ませんが、熱意をもって投稿します(^^♪

各SNSでも配信していますので、フォロワー登録お願いします〜〜♪
<< 2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事